SLE 全身性エリテマトーデス・自己免疫疾患と圧痛点

Lupus eritematoso sistemico (LES) : Moxa e mappa dei punti doloranti

20年前に発症、頭髪が抜けはじめ(皮膚症状なし)、倦怠感・食欲不振・易疲労感・炎症(関節の痛み、日によって変わる)など複数の症状から、大学病院受診、全身性エリテマドーシス(SLE)と診断された。

一生付き合う病気と言われステロイド剤、消炎鎮痛剤による治療がはじまるが寛解と再発を繰り返してきた。ステロイド剤、消炎鎮痛剤からの離脱を願いながら、主訴である関節の痛みを訴えて灸文を訪れた。

 

病気発症前の生活を尋ねると、患者は長時間労働、徹夜を頻繁にくりかえした果てに症状が現れたというのです。原因ははっきりしています。

甲状腺ホルモンは私たちの元気とつながっている、甲状腺機能亢進はガンバリ過ぎた人の病気と言われています。事実患者は甲状腺機能亢進症も併発していたのです。

関節の痛み(変形はなし)は手足指、手首、膝、肘、肩、股、顎,頚椎に及ぶ、その他全身に痛みがあらわれる、また咳がはじまると止まりにくくなるという。

患者の訴える痛みの部位から圧痛点を選択し、経穴1点と知熱灸の組み合わせ、圧痛点経穴灸法の鎮痛効果は患者に驚きと喜び、笑顔をもたらす。同様のことは他の膠原病(慢性関節リウマチ)治療にも共通してあらわれる。

治療が進むに伴い当初見られた腫れや発赤(炎症)はなくなり、激痛の再発や関節痛の部位も激減し、食欲がもどり、体温も上昇し、体調の良さを感じるようになる。

ステロイド剤を長く使用してきたため、低体温(35度半ば)による体調不良を抱えていた。治療開始1ヶ月あたりから体温上昇(午前中から36度半ば)が伴うようになり、体調の良さが持続し一生付き合う病気と言われ、20年近く治療を続けてきて「治る」という実感が初めて湧いてきたと言う。

 

治療は知熱灸(圧痛点経穴灸法)

痛みや症状を訴える部位から圧痛点を選択したのち(圧痛点の症例分布図)、経穴1点を選択し知熱灸を施術します。

膠原病患者の抱える激しい痛みへのお灸(知熱灸)の鎮痛効果は関節であれ筋肉であれ、部位に関わらず直後に現れます、治療継続とともに、痛みの激しさも和らぎ、再発頻度も減少します。繰りかえす突発性の激痛は大きなストレスとなり、治癒回復への大きな障害になります。突発性の激痛、痛みに対し予約なしに気軽に治療が受けられる治療所の存在は患者の最大のストレス(不安、恐怖)を解消します。

知熱灸直後の圧痛点の変化(痛みの解消)により患者、鍼灸師双方が鎮痛効果を確認できます。

圧痛点、経穴、知熱灸はそれぞれが副交感神経を刺激し、血流が促進されます(血管拡張)、血流促進は体温上昇を伴い代謝が亢進し組織修復が進み自然治癒力が高まります。

 

圧痛点経穴灸法により起こる体の反応や変化

⚫圧痛点により痛みや症状の部位やポイントを明らかにする

⚫圧痛点の選択はしばしば蠕動運動を誘発する、蠕動運動により胃や腸に入った食べ物の消化吸収、排泄という一連の反応が促進される。蠕動運動は副交感神経が調節し慢性便秘、慢性胃腸障害、その他すべての慢性病からの回復も誘導する。

⚫圧痛点は局所での副交感神経反応を起こす(血管拡張による血流促進、蠕動運動など)

⚫選択した経穴への知熱灸施術直後にすべての圧痛点が同時に解消し、主訴の痛み、激痛が解消する、圧痛点経穴灸法で選択する経穴は治療点であり、副交感神経反応を全身性に及ぼす。

⚫圧痛点経穴灸法により患部や全身の血流が改善し体がポカポカしてくる、体温が上昇し冷えが解消する、体温は治癒力と結び付いている。

⚫カゼをひかなくなる、体温上昇により免疫力が高まる

⚫ 痛みは不安、恐れを生み大きなストレスとなり交感神経緊張により血流障害を誘導し治癒力を抑制する。痛みが解消することを実感すると患者のストレスは解消する。

⚫治療がすすむにつれ圧痛点(治癒反応のあらわれ)の数、部位、圧痛反応の低下、さらに痛みの再発がなくなるため患者は病気からの回復を実感できる。

上記の反応、変化は膠原病、自己免疫疾患に関わらずあらゆる痛み、症状、病気に共通していることから圧痛点経穴灸法は体に備わる自然治癒力を高める医療と言えそうである。

「知熱灸による痛みの解消は即効性があり、体温上昇も伴う」

「発熱は自然治癒力の本体、治癒反応を高める知熱灸の威力」

「知熱灸で痛みを解消すると病気は治る」

 

参考文献

膠原病や自己免疫疾患は全身性(SLE)や局所性の炎症で、発赤、発疹、発熱、かゆみ、痛みなどが伴う、これらの組織反応や症状形成にはプロスタグランジン、アセチルコリン、ヒスタミン、セロトニン、などの多くの因子が関与しているが副交感神経反射による「血流障害からの回復反応」と理解する必要がある。しもやけや潰瘍を治癒させるためにはやはり、血流障害からの回復が必要であり、治癒の過程で発赤、発熱、かゆみ、痛み、関与する因子群もプロスタグランジン以下ほとんど同じである。

(自律神経と免疫の法則—安保徹)

SLE(全身の血管炎・全身性エリテマトーデス)
全身性エリテマトーデスSLE(全身性紅斑性狼瘡)とは抗核抗体を中心とした自己抗体ができて起こる疾患です、抗核抗体は核が抗原となります。

核は全身にあるので全身の細胞が攻撃対象になります。線維細胞や血管内皮細胞が攻撃されて戦い炎症を起こすのです。SLEは最初は紫外線によって核が変性して自己抗原になり病気が全身に広まってゆく形をとるのです。

SLEが一番多いのは色白の人が紫外線を浴びたときです、なぜ狼のような紅斑と呼ばれるかというと、まるで口が広がったように紫外線が一番当たるところがバタフライ様に紅くなるからです、SLEは白人に多いです、日本人でもSLEになるのは色が白い人です、色が黒いとメラニン色素で紫外線をブロックできますが、色が白いと直接紫外線の作用で細胞や核が壊れるのです、そして隔離抗原がリンパ球にさらされます。(隔離抗原がでるのは細胞を構成する成分からです、なかでも多いのは核やその成分からです)SLEは紫外線以外でも風邪をこじらせると起こります、ウイルスも細胞を壊します。あとは夜更かしが原因です、夜遅くまで起きていることは大変なストレスなので、細胞が壊れます、特に徹夜でアルバイトをすると、細胞が壊れて病気になりやすいのです。

自己免疫疾患で代表的なものはSLEです。SLEは圧倒的に女性に多いです。SLEははっきりと女性優位現象(female predominance)です。

女性は刺激に過敏なので発症数が多いのです。過敏かどうかはその人のリンパ球の数で決まります。SLEは過敏な人が紫外線、ウイルス、夜更かしなどのストレスを受けて発症するのです。SLEはoverlap症候群の形をとることが多いです。SLEは全身にある抗原と反応するので、関節が腫れるRAや唾液がでないシェーグレン、糸球体腎炎などの自己免疫疾患が全身にoverlapして出てくることが多いのです。

(安保徹の免疫学講義より抜粋)

 

自己免疫疾患における免疫学的状態
Immunologic States of Autoimmune Diseases
immunologic  research 33/ 23-34,2005
Toru Abo

 

 

 

泌尿器系疾患

dolori alla mandibola, :moxa e mappa dei punti doloranti

過活動膀胱と圧痛点と症例(頻尿)
vescica iperattiva : moxa e mappa dei punti doloranti

 

尿路結石と圧痛点と症例
calcoli :moxa e mappa dei punti doloranti

 

《結石ができるわけ》

多くの分泌現象、排泄現象は副交感神経により支配されています、ストレスによる交感神経の緊張により分泌、排泄現象が抑制されると、分泌物、排泄物が濃縮されてしまいます、あまり水をのまず長時間運動すると尿の色が濃くなることがあります、同じメカニズムで尿も胆汁も濃縮されてしまいます

ストレスは低体温をもたらすことと関係しています、血管が収縮し血流障害を引き起こします、低体温になるとシュウ酸カルシュウム(尿の成分)もコレステロールやビリルビン(胆石の成分)も結晶化しやすくなります、液体の温度が下がると、物質の溶解率が低くなるためです。結石は繰り返すことが多い病気です。結石は徐々に形成されます、ストレスが長く続いた人が結石症になるのです。

病気は自分で治すー安保徹・著からの抜粋

【キーワード】
腰痛 肩こり 関節痛 神経痛 四十肩 変形性股,膝関節症 頭痛 生理痛    頚椎ヘルニア 臀部痛 手指の痛み 足指の痛み 肘痛 手首の痛み 足底の痛み 背中の痛み 脇腹の痛み 痛みの鈍磨  筋力低下 筋疲労 血流障害 組織障害 治癒反応 痛み プロスタグランジン

【圧痛点】
関節 筋肉 首 肩 胸 腕 肘 背中 腰 臀 股 膝 脚 指 手 足

頚椎ヘルニア・腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛と圧痛点と症例

ernia lombare e cervicale : moxa e mappa dei punti doloranti

椎間板ヘルニアの痛みと主な筋肉 脊柱起立筋、腰方形筋、大臀筋
灸文のお灸法を「圧痛点経穴灸法」と呼んでいる、施術の順序を並べた名称である。

鍼灸院を訪れる方々はクリニックや大病院で診察を受けている方々がほとんどです。
画像に異常がみられなくても痛みがあらわれることもあります。
激痛を訴えても画像に異常がなく治療法はありませんと帰された患者さんもいます。
痛みは神経の圧迫だけが原因ではないということです。
痛みがあれば歩行障害、運動制限が伴います。また手指のしびれを訴えます。
痛みもしびれも血流障害が痛みを誘発する原因です。
血流障害は同じ姿勢、同じ動き、筋力低下により起こります。
痛みが始まる前の生活(原因)や状態をたずねることで痛みの原因がわかります。

圧痛点は頭部から肩、腕、指先、頭部、腰、臀部、大腿、下腿と連続してあらわれ多数あらわれることが多いです。
圧痛点には必ず小さな印をつけます。

圧痛点が解消すると、主訴である痛み、しびれも解消し運動制限も改善回復します。
経穴一点で多数の圧痛点が解消します。

膝・下肢痛(大腿・下腿・膝関節・足関節)と圧痛点と症例

dolore alle gambe : moxa e mappa dei punti doloranti

圧痛点は治癒反応点
圧痛点経穴灸法の最大の特色は多様な痛みの解消です。

膝、下腿と主な筋肉
縫工筋・大腿直筋・大腿筋膜張筋・大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋・腓腹筋・前脛骨筋・後脛骨筋

膝周りの痛み、伸ばして痛み、曲げて痛み、階段降下時の痛、膝がつけない
歩けない、踵の痛み

痛みが慢性化すると患者はしばしば痛みの部位がわからなくなります。

圧痛点は偶然あらわれない、血流障害や組織障害のおこる患部まわりに圧痛点は現れます。
圧痛点とは治癒反応が具体的におきているポイントです。
経穴一点ですべての圧痛点を解消するお灸法(知熱灸)です。

腰・臀部痛と圧痛点と症例

mal di lombalgia e mal di sedere : moxa e mappa dei punti doloranti

圧痛点経穴灸法の最大の特色は多様な痛みの解消です。

腰、臀部の痛みと主な筋肉
腰方形筋、大臀筋

頻尿、排尿障害
腰を伸ばせない、腰を曲げられない、側方動作ができない、
臀部が痛い、尾骨が痛い、仙腸関節の痛み、仙椎上の痛み
歩けない、間欠性跛行、

痛みとともに多様な運動制限が伴います。
圧痛点の解消とともに主訴の痛みが解消し運動制限の回復がともないます。

痛みのために運動制限がおこりますが運動を支える筋肉上に圧痛点があらわれます。
圧痛点を選択するためには筋肉(骨格筋)作用の理解が不可欠です。
筋肉(骨格筋)は屈曲、伸展、回旋など関節機能と共同します。
経穴一点ですべての圧痛点が解消するお灸法(知熱灸)。
痛みが解消すると運動制限も改善します。

背中痛と圧痛点と症例

mal di schiena : moxa e mappa dei punti doloranti

圧痛点経穴灸法の最大の特色は多様な痛みの解消です。

主な筋肉
脊柱起立筋、僧坊筋、外腹斜筋

ベッドから起き上がれない、息苦しさ(呼吸障害)

背中の痛みは筋肉痛のこともあれば、内臓疾(呼吸器疾患や心臓疾患、消化器疾患)が脊柱筋の血流障害をもたらし背中の痛みを誘発することもある。
痛みの解消は内臓疾患の回復改善につながります。

圧痛点の解消とともに主訴の痛みが解消し運動制限の回復がともないます。

寝違い・頚痛・肩関節周囲炎・五十肩と圧痛点と症例

寝違い torcicollo・mal di collo

【原因】
運動不足による筋力低下、同じ姿勢(パソコン・囲碁・琴など)による筋疲労。
患部では治癒反応(血流回復)がはじまり痛みを伴う。

●圧痛点、経穴、知熱灸(副交感神経反射)による血流回復促進、治癒反応促進

【症状】起床したら首が回らない、動かせない、痛みがたまらない(運転できなくなる、自転車に乗れない、うがいが困難になる)

●主な関連筋
僧帽筋、棘上筋、胸鎖乳突筋など

肩関節周炎(五十肩)dolore braccio – spalla

【原因】
加齢による筋力低下、同じ姿勢(横寝)により体重が一方に偏る、筋疲労やストレス、冷えも血流障害をもたらす。
患部では治癒反応が始まり血流が回復し、痛みを伴う。

●圧痛点、経穴、知熱灸(副交感神経反射)による血流回復促進、治癒反応促進

【症状】
腕が上がらない(洗濯物が干せない、前に伸ばせない、水平ぐらいに上がらない、腰や臀部に回せない、髪に手が届かない)、起床時に痛みと共に腕が思いのままにならないことで気がつくことが多い。

●主な関連筋
僧帽筋、棘上筋、三角筋、大胸筋、小円筋、大円筋など

脳卒中後遺症による麻痺と圧痛点と症例

タクロリムス脳症(生体肝移植に伴う脳出血後遺症による片麻痺)

paralisi posto ictus: moxa e mappa dei punti doloranti

片マヒにおける圧痛点は他の疾患とは比べようもないほど多数あらわれます。

さらに、健康な部位にも多くの圧痛点があらわれます。マヒからの回復には全身の圧痛点の解消が欠かせない。

圧痛点の部位に応じ経穴一点ですべての圧痛点を解消するお灸法(知熱灸)です。

 

圧痛点の解消と運動障害の回復 片マヒ

片マヒ患者さんに共通するマヒ側の筋力低下は廃用性筋萎縮によります。

筋力低下は血流障害をともなうため、マヒ部は常に冷たく、重たく感じ、関節の動きの悪さを伴います。マヒ部には多数の圧痛点が現れ運動障害を伴います、経穴への施灸により圧痛点が解消すると運動障害も改善し、冷えや重だるさも回復してきます。

 

圧痛点と片マヒと複数の愁訴、症状

マヒが長引くと(慢性期)運動障害に加え様々な症状、愁が現れます、血流障害が全身に及ぶためです、回復には全身に現れる圧痛点を解消することです、

冷え、便秘、胃の不調、下腿のむくみ、臀部の痛み、頻尿、背中、肩、肘の痛み

首が回らない、下腿のツレ、体が重い、睡眠障害、体の重さ

経穴への灸により圧痛点が解消すると主訴である運動障害の改善回復とともに症状、愁訴の解消、改善も同時に伴ってきます。

 

圧痛点と顔面マヒ

顔面のツッパリ、眼球内の異和感、飛紋症、患部まわりの圧痛点を解消すると血管障害が回復し、症状、障害が回復します。

 

圧痛点と片マヒ

片マヒは半身全体に及ぶ運動障害です、痛みや冷え、からだが重いなどの愁訴はマヒ部に現れ、多数の圧痛点があらわれます。

また健康な半身部にも多数の圧痛点があらわれます、マヒ部の運動障害をカバーしようと無理をする、またストレスによる血流障害が原因です。

マヒ部、健康部合わせて痛みを解消する圧痛点経穴灸法。

 

 

riabilitazione paralisi post ictus /riabilitazione paralisi post tacrolimus

【キーワード】
脳卒中 麻痺 リハビリ 維持期 患側の痛み しびれ 健側の痛み 廃用性筋萎縮 筋力低下 痛みの鈍磨 姿勢障害 歩行障害 プロスタグランジン

【圧痛点】
首 肩 胸 腕 肘 背中 腰 臀 股 膝 脚 指 関節 筋肉 手 足

ガンと疼痛

dolore da cancro : moxa e mappa dei punti doloranti

ガンと疼痛と圧痛点と症例
dolore da cancro: moxa e mappa dei punti doloranti

お灸(知熱灸)によるガン性疼痛の鎮痛効果

お灸(圧痛点経穴灸法)はガンによる激痛に対しても高い鎮痛効果をあげる。生体におこる炎症(痛み)は部位、病名に関わらず同じ治癒反応であることを示している。お灸による鎮痛は症状や病気の回復治癒を導く。

大腸ガンの患者、手術後の抗がん剤投与中、2ヶ月前から始まった耐えがたい激痛、最強のガン性疼痛治療薬、オキシコンチン(モルヒネの1,5倍の強オピオイド)でも鎮痛効果がない。激痛のため自立歩行が不可能でご主人に介添えされ来所。臀部奥の激痛が絶えず襲う。臀部に圧がかかる姿勢で激痛が起こる。
立位できない、座れない、歩けない、仰臥できない、眠れない、家事できない、動けない、買い物できない

1回目の施術直後から自宅まで介添えなしで歩くことが可能になる。
コンビニへ出かけられる、歩きがつらくない 立ち仕事(家事)ができる
爆睡ができた、椅子に座れる、痛みの再発が起きてもすぐに治まる
食欲がでてきた、安眠できるようになる、友人と外食ができるようになる。