頚椎ヘルニア・腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛と圧痛点と症例

ernia lombare e cervicale : moxa e mappa dei punti doloranti

椎間板ヘルニアの痛みと主な筋肉 脊柱起立筋、腰方形筋、大臀筋
灸文のお灸法を「圧痛点経穴灸法」と呼んでいる、施術の順序を並べた名称である。

鍼灸院を訪れる方々はクリニックや大病院で診察を受けている方々がほとんどです。
画像に異常がみられなくても痛みがあらわれることもあります。
激痛を訴えても画像に異常がなく治療法はありませんと帰された患者さんもいます。
痛みは神経の圧迫だけが原因ではないということです。
痛みがあれば歩行障害、運動制限が伴います。また手指のしびれを訴えます。
痛みもしびれも血流障害が痛みを誘発する原因です。
血流障害は同じ姿勢、同じ動き、筋力低下により起こります。
痛みが始まる前の生活(原因)や状態をたずねることで痛みの原因がわかります。

圧痛点は頭部から肩、腕、指先、頭部、腰、臀部、大腿、下腿と連続してあらわれ多数あらわれることが多いです。
圧痛点には必ず小さな印をつけます。

圧痛点が解消すると、主訴である痛み、しびれも解消し運動制限も改善回復します。
経穴一点で多数の圧痛点が解消します。