脊柱管狭窄症(腰部)で起こる主な症状

Stenosi del canale spinale・ernia lombale・sciatica:moxa e mappa e i punti doloranti

【腰部、仙骨部の狭窄での症状】
腰痛、臀部痛、歩けない、間欠性跛行、ひざ痛、足指やかかとのしびれ、足指が動かせない、足指が伸ばせない、足首のしびれや痛み、底屈ができない、ひざ痛、ふくらはぎの痛み、大腿の痛み、臀部の痛み、前傾姿勢、痛みで体重をかけられない、足指の冷え など

圧痛点は腰、臀部、仙椎、大腿、下腿、足指に現れます。
脊柱管狭窄症による圧痛点は多数でも「経穴」は一点の熱くないお灸法です。
圧痛点が解消し、痛みやしびれの改善、解消が進み回復します。