圧痛点経穴灸セミナーのお知らせ

多様な痛みから慢性病・花粉症・膠原病・片マヒ・がん手術後の疼痛に至るまで、治せる圧痛点経穴灸を学んでいただくためにマンツーマン(最大3名まで)によるセミナーを適宜開催しています。
灸文のホームページに圧痛点分布図を公開しています。

参加ご希望の鍼灸師の方はメールでお知らせください、セミナーの前に一度面会させていただき、圧痛点経穴灸の説明をし、ご質問にもお答えいたします、圧痛点経穴灸により痛みを解消できる、病気を治せると確信が持てた方にセミナーを受けていただきます。

灸文による圧痛点経穴灸と経穴の考え方

様々な刺激に対応し局所あるいは全身反応を調節する自律神経。
経穴は鍼灸師による治療点であり施術点です。経穴とは鍼灸の刺激を受け自律神経反射を誘導するポイントです。
体表にはおよそ365の経穴がありますが、多くの経穴は自律神経反射が限定される局所反応を起こすタイプ、ごく少数ですが自律神経反射が広範囲(全身)に及ぶ経穴があります。

冷たくなった手指を器に入れたお湯に浸すと手指が温まってきます。手指という局所での血液循環の回復です。
冷え切った体を温めるにはお風呂が一番です。全身が温まり、リラックスします、全身の血液循環が回復し、体温が上昇したためです。また痛みの和らぎも同時に起こります。
血管拡張による血流促進は自律神経(副交感神経)の働きです。
局所や広範囲(全身)の血流を促進する自律神経(副交感神経)は温熱刺激によく反応する特徴も見えてきます。

私たちは血流障害でも組織障害でも治るときは必ずプロスタグランジン(生理活性物質、組織ホルモン)が働き血管拡張、体温上昇、痛みを作って治ります。
筋肉痛、関節痛、神経痛、リウマチ、耳鳴り、めまい、眼瞼下垂、片麻痺など全て同じです。

お灸による刺激は血流促進を進め、痛み物質(プロスタグランジン)の希釈により鎮痛が起こります。
生体に起こる痛みは部位や病名にかかわらず全て同じ反応が起こります。

急性痛から慢性痛・関節リウマチの激痛まで

自律神経の特色を生かした新しい施術法であり、患部から離れた、たった一つの経穴への施灸により全身に現れる圧痛点が一気に解消する、直後効果の高いお灸法です。

痛みや病気、症状に応じて現れる圧痛点(血流障害ポイント、副交感神経反射ポイント)から患部を特定し、経穴を選択します。

異なる痛み、異なる病気であっても圧痛点の現れ方から同一経穴の選択がしばしば起こります。
選択した経穴への施灸により多くの圧痛点が同時に解消し痛みや症状の改善、回復につながります。

圧痛点の選択が基本のため、あらゆる症状、痛みへの対応が容易です。難しい理論や特別な手技もありません。
経穴1点への施灸のため施術時間が短いお灸法です。

圧痛点経穴灸の体験コメント

灸文の圧痛点経穴灸法にご興味を持たれた鍼灸師 のK氏が新幹線を乗り継いでお見えになり、その体験をフェイスブックに投稿されました。

鷲尾先生の圧痛点経穴灸法を受けさていただき、あれだけの温感でなぜ効くのだろうと、疑問に思い、最新の鍼灸学校で教えられている、はりきゅう理論を取り寄せて読んでみたり、インターネットで温度感覚、温度受容器に関する学術文献などを探して読んでいます。
圧痛点経穴灸法は、侵害(ポリモーダル)受容器を刺激するのでもなく、焼灼毒(ヒストトキシン)による刺激でもない今までにない新しい画期的な灸法で、日本から世界に発信できる灸法ではないかと思っています。
私の(FaceBook)に以下のような文章と写真を添付し投稿しました。

「久しぶりの投稿です。今日は仕事を休みにして、東京江戸川区にある灸文治療所の鷲尾先生の灸施術を受けに行ってきました。「熱くないお灸施術」をしているとのことで、興味を持ちその灸施術を受けました。
まずは、症状のいくつかの圧痛点に印をつけ、そこから離れたツボ1つに、米粒よりやや大きめのもぐさを2〜4回行うお灸でした。
実際、灸施術を受けてみると「あれっ、こんな熱感でもいいの?」と思われぐらいの熱刺激で、印をつけた圧痛点が解消されていました。私にとって「お灸は最低限度の熱感がなければいけないもの」という常識が打ち砕かれた瞬間でした。また先生は、いくつかのご質問にも快く答えていただきました。
 NHKの子供番組ゴーゴー キッチン戦隊クックルンではありませんが、お灸は「小さくても最高、最強」、お灸施術の未来を「肌」で感じさせていただきました。」

圧痛点と経穴1点のお灸で片麻痺が回復します

片麻痺はお灸で回復します

  • ご自身で来所出来る方(弛緩性麻痺は除きます)
  • リハビリでの回復が進まない方
  • 維持期の方でも回復します

片麻痺を抱えると麻痺側に強い冷えを伴います。また痛みやシビレを訴えることもありいずれも血流障害による症状です。患部の血流回復により麻痺、冷え、痛み、シビレが解消します。特別な病態ではありません。

片麻痺の特徴は他の痛み、症状とは比較できない程広範囲に多くの圧痛点が現れます。

灸文の圧痛点経穴灸

患者の訴えから圧痛点(患部)を選択します、次に経穴1点を選択しあつくないお灸を施術します。
最後に圧痛点の変化を確認します。

  • 肩関節・動かせない・上がらない・後ろに回せない・伸ばせない。
  • 肘関節・動かせない・伸ばせない・回せない
  • 手関節・握れない・つかめない・伸ばせない・シビレ
  • 足関節・動かせない・つまずく・ひきずる
  • 膝関節・伸ばせない・しゃがめない・立ち上がれない
  • 体幹・前屈できない・伸ばせない・曲げられない・
  • ・動かせない・回せない・反らせない
  • 顔面・つれる・目の中の異物感・口から水が溢れる

お灸で回復する片麻痺患者の症状と訴え 症例1

4年前発症 入院 右半身麻痺 

退院後リハビリ週2回通院
2年前から鍼灸を週2回取り入れてきた患者

患者の訴えと回復した片マヒと症状

片麻痺の特徴は他の痛み、症状とは比較できない程広範囲に多くの圧痛点が現れます。

  • 右肩、背、上腕、前腕、手首、手指のシビレ、冷感強く、重たい
  • 右腕挙上できない、頭に手は届かない
  • 右肘伸ばせない(曲がる)
  • ペン、箸をしっかり持てない、文字が書けず直線が波打つ
  • 物を掴めない、ラケット握れない
  • 手首をあげられない(背屈不可)
  • 拇指対立運動不可、小指との協調運動不可
  • 分回し歩行、上下動激しい歩行、早く歩けない
  • 足首が重く動かせない、背屈、外反不可(階段降りが不自由)
  • 右側臀部、大腿、下腿、足首、足指全ての動きがままならない、重く、冷えがある
  • 右顔面麻痺、右目に物が詰まる、頰がつっぱる、飲み物が溢れる
  • 前屈不可
  • 右膝あげられない、他動的にあげた膝を支えられない
  • スクワットできない、しゃがむと自力では立ち上がれない
  • 麻痺部位のほとんどに痛みがある

片麻痺と圧痛点経穴灸法

片麻痺の特徴は他の痛み、症状とは比較できない程広範囲に多くの圧痛点が現れます。
患者の訴えから圧痛点を選択します、次に経穴1点を選択しあつくないお灸を施術します。
最後に圧痛点の変化を確認します。

圧痛点とは指頭で軽く押圧することで起こる痛みで患部、あるいは血流障害ポイントを明らかにします。
圧痛刺激は患部(血流障害部位)の血流を促進します。
経穴(つぼ)は全身に365程分布し、灸や鍼の施術点であり血流促進、治癒反応促進ポイントです。

経穴には反応が局所に及ぶタイプ、全身に及ぶタイプ(ごく少数)があります。
灸文では全身タイプの経穴を選択するため極めて少ない(1穴)経穴による施術が特徴です。

あつくないお灸はおだやかな刺激のため治癒反応である副交感神経反射が大きい。
全身を巡る血流の調節は自律神経の働きで刺激を受けて反応します。
血流促進は副交感神経が司り、穏やかな刺激に大きく反応します。
あつくないお灸が全身に起こる多様な痛み、症状、病気に適応する理由です。

へバーデン結節・手根管症候群と圧痛点経穴灸について

指が次々に曲がる病気(へバーデン結節)と変形を防ぐ圧痛点経穴灸(熱くないお灸)

手指の先が次々に変形(曲がる)する病気をへバーデン結節と呼びます。 手指の関節の痛みを放置すると関節の変形に進行し、やがて他の指にも波及することが多く中高年の女性に多く見られます。関節の痛みや腫れが始まりですが、関節の痛みを初期に解消させることで病気の進行を止め、予防することができます。

手指の第一関節(DIP関節)が変形し曲がってしまう、原因不明の疾患と言われています。痛み、腫れ、発熱を伴い第一関節の両側面にこぶ(結節)ができることもあります。そもそも手指は常に外気にさらされており,手指の関節は特に血流障害が起こりやすい部位です。血流障害が長く続くと組織が硬くなる線維化が起こり、線維化が過剰になると組織が硬くなり伸び縮みができなくなってきます(関節の動きが悪くなる)。患部では顆粒球増多により組織障害が始まり変形に至ります。

変形した関節を回復することはできませんが、変形の前兆である指関節の痛み(炎症)を早期に解消することで、美しい手指を保つことができます。 圧痛点の選択と経穴1点へのあつくないお灸は患部の血行の改善により痛みを解消し関節の動きも回復します。

手根管症候群と圧痛点経穴灸

症状は片手あるいは両手指のしびれや痛み、力が入らない、小さなもの、軽いものがつかめず落とす、包丁が握れないなど多彩です。

主な原因は指先の使いすぎ(水仕事、パソコン作業や同じ動作の繰り返し)や、ストレスから患部の血流障害が始まり中年期以降の女性に多く見られます。血流障害により神経細胞に必要な酸素や栄養が行き渡らなくなり起こる神経障害(正中神経)です。西洋医学では消炎鎮痛剤、ビタミンB12注射、患部の固定などの処置がされますが治りにくい症状と言われています。

灸文のお灸法は手指、前腕、肩、頸部に現れる圧痛点を選択し、経穴1点への知熱灸(あつくないお灸)です、副交感神経を刺激し血流回復を進め、痛みやしびれが解消し、手指の運動障害も回復します。

関節リウマチご相談無料のお知らせ

病気は偶然起こりません。必ず原因があります。
原因が不明のまま治療しても治りません。
関節リウマチも同じです。
発病前の患者さんの生活を尋ねることで原因を明らかにすることができます。
灸文による圧痛点経穴灸は痛みや炎症のある部位の圧痛点を特定し、経穴1点への知熱灸(熱くないお灸)によるお灸法で、即効性のある鎮痛効果が特徴です。

痛みほど辛いものはありません。
リウマチ特有のあらゆる関節(手足指、手足首の関節、膝、肩、肘、股関節など)に突然始まる激しい痛みはたった一つの関節から同時に複数部位の多数の関節に及ぶこともしばしば起こります。圧痛点経穴灸はあらゆる部位に起こる激痛を一気に解消する即効性のある鎮痛効果が特徴です。

あつくないお灸による鎮痛効果は同時に関節のこわばり、疲れやすさ、だるさ、せき、その他多彩な症状からの回復をもたらし、体調の良さを実感できるようになります。

症例ページを追加しました

以下の5つのページを追加しました。

1.首の痛み
https://kyuubun.jp/archives/category/symptom/maldicollo/

2.肩の痛み
https://kyuubun.jp/archives/category/symptom/maldispalla/

3.腹部の痛み
https://kyuubun.jp/archives/category/symptom/dolorealtorace/

4.おしりの痛み https://kyuubun.jp/archives/category/symptom/maldisedere/

5.足底の痛み
https://kyuubun.jp/archives/category/symptom/malditalone/

6.腰痛
https://kyuubun.jp/archives/category/symptom/maldilombargia/

SLE全身性エリテマトーデス・自己免疫疾患にSLE患者の記録を追記しました。
https://kyuubun.jp/archives/category/symptom/sle/

圧痛点経穴灸セミナーのお知らせ

多様な痛みから慢性病・花粉症・膠原病・片マヒ・がん手術後の疼痛に至るまで、治せる圧痛点経穴灸を学んでいただくためにマンツーマン(最大3名まで)によるセミナーを適宜開催しています。

灸文のホームページに圧痛点分布図を公開しています。

参加ご希望の鍼灸師の方はメールでお知らせください、セミナーの前に一度面会させていただき、圧痛点経穴灸の説明をし、ご質問にもお答えいたします、圧痛点経穴灸により痛みを解消できる、病気を治せると確信が持てた方にセミナーを受けていただきます。

詳しくはこちらのページをご覧下さい。